Oxford Diecast  Stobart Rail Excavator スーパーロング油圧ショベル

こんばんは。出張漬けから解放されたら今度は子育て漬けな糺です。

先日、息子を連れて初めて貸しレイアウト(ポポンデッタ)に行ってきました。
日本型と英国型のNゲージ車両を持参したところ、海外車両だからなのか他の子どもが触らないように店員さんが親御さんへえらく念押ししてくれていました。
まあ、その車両よりそっちに並んでいるマイクロエースのセットの方がよっぽど高価なんですけど…ね。

息子が大喜びしてくれたので、またそのうち行きます。

 


 

Oxford Diecast Stobart Rail Excavator

(2016購入 店名忘れ)

CIMG5483
以前、ビル解体機のHOスケールモデルを紹介しましたが、今回も重機モデルを紹介させてもらいます。

メーカーは英国ダイキャストモデル界の大手Oxford社、OOゲージ(1:76)でも多種多様な製品を発売しています。

この製品、その名の通り”Stobart Rail”のロゴ仕様なのですが、モデルとなった機種について製品に全く記載が無く、公式ページを見て初めてKOMATSUの重機であると判りました。
まあ、ロングブームの油圧ショベルなんて天下のKOMATSUと言えどもそれ程種類が有る訳では無く、どうやらスーパーロングフロント仕様油圧ショベルPC-200又はPC-300のようです。

CIMG5485

CIMG5487

ブームはもちろんフル可動。いい感じにクネクネ動きます。

CIMG5494
バケットは幅広。油圧ホースもしっかり追従します。

CIMG5492
クローラーも一枚ずつ組み合わせた実物と同じ形式。
キャビン内部も精密に表現されています。

CIMG5496

手摺が若干オーバースケールな気がしますが、取り扱いやすくて良いかもしれません。
鉄道模型向けとしては非常に良く出来た製品ですが、重機好きな方から見るとどうなんでしょうね?


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村に参加しています



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です