英国型-その他

s-DSC07717

お久しぶりです 久々の東京模型店巡り

こんばんは。糺です。

1月に年始の挨拶をしてから4か月半も放置していました。
あれこれ忙しかったのは言い訳として、今も自宅から遠く離れた関東某所に来ています。
今日は休日が取れたので、少し遠出して都内の模型店巡りをしてきたのですが、その途中で面白い本を見つけたのでご紹介。


 

s-DSC07701

”Trains Annual 1964”   編集 G.Freeman Allen    Ian Allan発行

現代でも英国の鉄道・軍事関係書籍を多数出版しているIan Allanが、1964年頃(奥付なしのため詳細不明)に発行した本で、複数の著者がテーマ別に色々と書いています。

主な内容は

  • “King” Classとの別れ(1962年にDLに置き換えられている)
  • オーストラリアのゲージ問題(今でも3ゲージが地域別に混在)
  • グラスゴー~アバディーン間の運行サービス史          等々

s-DSC07708

著者の異なる10章からなり、各章には写真ページが適宜挟まれています。
大部分はモノクロ写真ですが、一部カラー写真やカラーイラストも。

s-DSC07717

みんな大好きDelticも登場。
Class55の運用開始が1962年なので、この時点ではまだまだ最先端機関車。
この時点ではTOPS未導入のため、車番はD9007で”Pinza”。

 

s-DSC07725

これはイラスト。
Jubilee classが重連で”THE DEVONIAN”を牽引する雄姿。

 

s-DSC07710

塗装も違えばタイプも違う客車が15両。後補機がついてます。

 

s-DSC07715対して支線ではこんな可愛らしい列車もあったようで。ライト大きすぎじゃないかい。

 

s-DSC07722

もちろん貨物列車もあります。
ブレーキバンの後ろに補機をつけた姿。先頭がClass”O1″で補機がClass”WD”。
Iron Ore運搬とのことですので、鉄鉱石運搬列車ですね。

 

s-DSC07730

なんだこれ?

どうやら、”King”Classの牽引力測定試験列車のようですが、細かいことは本文読んでみないと何とも。


 

まだパラパラと眺めただけですが、色々と面白そうです。
ちなみに購入店はポポンデッタ秋葉原店で、価格はなんと「100円」でした。
欲しがる人が少ないと安くなるのは当然とはいえ、100円か…。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村に参加しています



メモ

HornbyとBachmannのカタログを見て欲しいものをメモ

SL
GNR Stirling Single No.1 /DCC Sound (予約悩み中)

DL
Class67 Caledonian Sleeper /TTS Sound(発売済)
Class66 EWS /DCCSoundClass60 EW&S /TTS Sound
Class57/3 Virgin Trains / DCC Sound(発売済)
Class37 Network Rail /TTS Sound(発売済)
Class03 BR /DCC Sound

EL
Class92 EWS

HST
Class43 Virgin Train /TTS Sound
Virgin East Coast Train Pack

DMU
Class158 East Midlands Trains

EMU
なし

 

HSTを揃えたいので、SL予約したら予算一杯で他は買えなくなるかも。
APT-Eは昨年度予算扱い。1~3月で既に結構買ってしまったのでどうしようか。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村に参加しています



APT-E

貸しレイアウト 亀屋さん(2016/4)

こんばんは、糺です。
金曜日にAPT-Eが到着したのですが、運の良いことに週末は嫁さんの来客があったので出かけて良しとのお達し。そこで土曜日に最低限の動作チェックのみ済ませ、日曜日はいつもお世話になっている日本橋の亀屋さんで二ヶ月連続の運転会と相成りました。

今回は試しに動画作ってみました。溢れ出るWindowsムービーメーカー臭。

今回持ち込んだのは、
・APT-E
・Class390 ”Pendolino”
・Class395 ”Javelin”
・Class55 ”Deltic” & Mk2Coach

の4編成。
先月はサウンドSL祭りだったので、今回は全く別風景です。

来月からは私生活が色々と忙しくなるので、貸しレにも当分行けなさそうです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村に参加しています



Hornby 2016 製品化予告

お久しぶりです。模型どころか自宅に帰れない糺です。
前回投稿から2ヶ月半以上が過ぎ、12月も目前となりました。


Hornby New for 2016

27/11/2015 Hornby 2016 Range Announced(ehattons)

 

相変わらず、2015予定品も終わってないのに色々と予告が出てきています。
全数紹介は出来ないので、個人的に気になっているものをピックアップ。

 

※Hornby公式が非常に重いため、途中からリンク等は省略しています。

Steam Loco

非常に多くの製品が予告されていますが、注目はClass A4 “Mallard”のTTSSound廉価版でしょう。公式予価£120(ehattons予価£105)で世界一有名な蒸気がサウンド付で手に入るチャンスです。

他にも多数のTTSサウンド機が予告されており、蒸気を買うならサウンド機な私にとっては目移りして仕方がない内容となっています。King Class 格好良いなぁ…。

 

Diesel Loco

67004Waverley.jpg
67004Waverley” by ScotRail02 – Own work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikipedia.

こちらも非常に魅力的な内容です。Class 67 67004 “Cairn Gorm” in Caledonian Sleeper liveryがいきなりTTSサウンドで登場するのには驚きました。新オペレーターの下で客車の更新も控えているので、非常に楽しみです。

しかし、それを上回る驚きはHST in Virgin Rail East Coast livery。HST初のTTSサウンド製品は今年生まれたばかりの新仕様での登場。お値段は£200を大きく超える様ですが、買うしかないでしょう。

他にはClass60もTTSサウンド仕様も予告。今年のTTSサウンド製品が余程売れたのか、すごい気合の入りようです。

 

Electric Loco

IC225のVirgin仕様が登場。今年発売のEastCoast仕様を事実上見送ったので嬉しい悲鳴です。DVTとのセットはLimitedEditionとのこと。IC225はある程度編成にならないと見栄えがしないので、限られた予算で機関車と客車を揃えるために苦心しそう。

VTEC 91 at London Kings Cross.jpg
VTEC 91 at London Kings Cross” by Jasper WalkerOwn work. Licensed under CC BY-SA 4.0 via Commons.

DMU・EMU

新製品はほぼ無し。残念。

Wagon

色々出てきますが、まだ詳細不明なものが多いです。

 

今年後半は為替の影響もあり、本当にほしい車両以外は見送る形となりました。
来年も魅力的な新製品が多いので、頼むよポンドさん。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村に参加しています



Royal train

貸しレイアウト 日本橋亀屋さん 2015/7

おはようございます。糺です。
珍しく早朝に記事を書いている今日、昨日の悪天候の影響か大阪の辺境はえらく涼しいです。

昨日は久々に日本橋の亀屋さんでお世話になってきました。
前回は去年の9月なので10ヶ月ぶり。本当はもっと走らせたいのですが、なかなか機会がありません。

今回持ち込んだ車両
・Tornade(TTS Sound) + BR Blue&Gray Coach x5・Class57(DCC Sound) +  GUV + MRA balast wagon x5
・Class67 + Royal Coach x3
・Class144 (2 cars)
・Class150 (2 cars)

DapolのMRA wagonは5両セットでドローバー連結の為、レールに乗せ難いこと甚だしいです。しかもドローバーの固定部分の位置が不適切なものが1両あり、少し手を入れないといけないようです。

他はおおむね良好。
Tornadeは初のサウンド搭載SLですが、廉価版とは思えぬサウンドを響かせていました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村に参加しています



ロンドン地下鉄 S stock製品化! 他

こんばんは、糺です。
久々の更新は最近のニュース覚え書です。


 

Presenting the London Underground S Stock (Bachmann Europe)

Bachmannはロンドン地下鉄S StockのOOgauge製品化を発表しました。S StockはSurfaceこと車両限界の大きい各路線で運行している最新型車両で、2M2Tの基本4両セットと増結用単品を予定。基本セット予価£280(約53000円)。ロンドン交通博物館限定商品として今年9月発売予定。

・新型の動力システムによって室内を再現
・室内灯装備・21pinDCC  Sound準備

現在、ロンドン交通博物館で予約を受け付けており、最初の300セットは特別版として記念の臨時列車への乗車権が付属しています。

まさかのS Stock製品化。ぜひ手に入れたいですが、APT-Eと時期が被ってきますね。さて、どうするか。


Dapol ScotrailよりClass68の製品化ライセンスを取得

以前から製品化予告の出ているClass68ELですが、ScotrailとDRSから製品化許諾が出たとのアナウンスです。OOとNの両方が出ることを期待していますが、どうなるのでしょうか。


上のDapolの記事や、APT-Eでもそうですが、最近の(実車が現役or残っている)新製品はレーザースキャンで実測して製品化するのが当たり前になってきているのですね。もちろん実測そのままではなく、模型としてモデリングが為される訳ですが、大変合理的ではあります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村に参加しています



CIMG2209

[おもちゃ] 二台のマラード号

こんにちは、糺です。

先日、息子へのプレゼントとして、このようなおもちゃを頂きました。

イマジナリウム 木製N700系新幹線トレインセット

この、”イマジナリウム(imaginarium)”というブランド、大手玩具屋のトイザらスさんのオリジナル商品なのですね。初めて知りました。
木製レールおもちゃは初めてのため色々調べたところ、主要な木製レールおもちゃブランドはほぼ同一のレール規格を採用しており、唯一名前を知っていた”BRIO”の他、”Micki”、”IKEA”、”ラーニングカーブ”等々、ある程度は混ぜて遊べるとのことです。


 

さて、前置きはここまで。
息子がレールで遊んでいるのを見ていて、ふと思い出しました。

「確か同じ様なサイズの木の機関車を持っていた筈…」

早速コレクションケースを探すと有りました。ヨークのNRMで購入した”Bigjigs”社のClassA4 “MALLARD”です。

このBigjig社、英国の歴史的車両の木製おもちゃをHeritage Collectionとして発売しているのですが、日本国内のサイトでは全くと言ってよい程触れられていません。先述した大手木製レールおもちゃブランドと同様に線路を共用できるのですが。

そして今日、近所のトイザらスに行ってみると、木製トレインセットの棚にどう見てもA4な機関車が。ネームプレートこそありませんが、ガーターブルーの塗装にLNERの社名、車番は4468とどう見てもMALLARDです。製品パッケージにはモデル車両について一切言及が無いのが不思議な位。

お値段もお手ごろのため、即購入。開封して並べてみたのがこちらの写真。

CIMG2214

手前がBigjigs、奥がイマジナリウムです。

CIMG2216

見ての通り、どちらも実車のイメージをうまく捉えていますが、並べてみると結構違います。実物があるNRMで売っているだけあって、Bigjigsの方が実物を忠実にデフォルメしています。まあその分お高いのですが。

CIMG2209

イマジナリウムの方はこんな感じ。車両長さやマグネット連結器の規格を守りつつ、特徴を盛り込んでいます。3両目(車番14698)は謎です。ダブルテンダーを再現した訳でも無さそうですし・・・有蓋車?。

CIMG2210

機関車のアップ。

番号はありますが、名前はありません。

CIMG2219

で、撮影していたらどちらも子供に持っていかれてしまいました。

N700とSLのカオスな8両編成。
Bigjigsの方は実車と同じく先台車2軸(宙に浮いてる)+動輪3軸となっており、機関車の長さがイマジナリウム1.5倍位あるので鉄橋前後にカーブが在るとつっかえてしまいます。Bigjigsの線路を持っていないため推測ですが、どうやらカーブのRはBigjigsの方が大きい様です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村に参加しています



Class390 Virgin

Hornby 2015 製品化予告

こんばんは。糺です。
仕事の出張が年末まで続くので家に帰れない日々が続きます。よりにもよって、こんな寒いタイミングで…。

さて、本日(現地時間12/17)に、Warley ShowでHornbyの2015新製品発表が行われました。RMWebに早速画像入りのTopicが出来ていたので、とりあえずチェックです。

・SL
A4の80周年記念シルバー塗装モデルが登場。各800台限定品。
GWRのKing ClassにはTTS仕様が予告されています。

・DL
Sentinelのロッド付仕様数種類
Class66,67も予告が出ています。
Class08はFGW塗装。

・EL
Class90,91,92と一気に来ました。
特にClass91は待望のEastCoast通常塗装での登場です。
しかし、新フランチャイズ移行と同じくして発売とは何とも。
Class31はお値段からしてSound仕様なのでしょうか?型番は通常ですが。

・DMU
Class153の塗装違いのみ。

・EMU
EuroStar Class373の新塗装がまた予告されています。入門セットも用意されてますし、今度こそは…でしょうか。

・Train pack
WW2から70年ということもあり、それに因んだ列車セットが予定されています。

・Coach
新たなプルマンカーが予告。
Class373の増結セットももちろん登場。
LMSやGWRの超多ドア客車が一気に出てきます。中には落書き塗装まで。
Mk2やMk3も新仕様が予告されています。FGWのMk3が勢揃い。
そしてClass90と組み合わせるMk4,DVTのEastCoast塗装ももちろん登場予定。

・Wagon
専ら古いタイプの貨車ばかりですが、大小色々。こちらにも落書き仕様?

・建物関係他
レンガの美しい住宅や駅舎が色々と。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村に参加しています



Hornby公式サイトからの購入について

こんばんは、糺です。
今日は久々の荷物が到着しました。増結車両と所有済み同型機のためあまり目新しい車両ではありませんが、そのうち紹介する予定です。
まあ、8月の新車を未だ紹介出来ていない奴の「そのうち」なんぞ、「予定は未定」と言っているに等しいものがありますが。
さて、今日の本題。
今回の購入では初めてHornby公式サイトを利用しましたが、どうやら以前とは仕様が変わった様ですね。
確か1年位前に購入を検討した際、VATの扱いが不明瞭だったためサポートに問い合わせてみたところ、
「海外発送用のVAT抜き料金は無いため、連絡をくれればその分返金するよ~」と返事が。
本当かよ?と疑問に思いつつも購入検討しましたが、結局他ショップが安くて公式からの購入は取り止め、ということがありました。
そして今回、欲しかった車両が公式でセール品になっていたため初注文。その際にログインの有無で価格が変わっていることに気が付きました。
まあ、高い価格でも十分に安価だったため、気にせず取り敢えず注文。そして今日到着した荷物の伝票を改めて確認したところ、VATは”£0″でちゃん省かれています。
どうやら登録している国に応じて表示価格をしっかり変更しているようです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村に参加しています